治療内容|杉並区荻窪でインプラントができる歯医者をお探しなら、高田歯科クリニックへご相談ください

虫歯の治療

虫歯の治療

当クリニックでは超小型デジタル口腔内カメラによりお口の中をデジタル撮影し、患者様と一緒にモニターを見ながら治療方針、治療の過程を丁寧にご説明しながら治療を行います。

「痛み」に対して患者様に安心して歯の治療を行っていただくために当院では常に無痛医療に重点を置いています。麻酔・薬剤・リラクゼーションを考え最も痛みを感じないクリニック環境と治療に努力しています。

出来るだけ歯を残し患者様のライフスタイルも考慮した治療方法を検討し、患者様の納得のゆく治療方法を選択頂けるよう努力しています。
もちろん各種保険も取り扱っております。

まずは虫歯を予防することが重要

虫歯は進行段階によって、下記のようにC0~C4に分類されています。C1以上の段階になると、正しい歯磨きやフッ素塗布では治癒が難しくなります。
そのため、今では虫歯になる前に予防することが重要だと言われています。

C0:初期段階の虫歯

C0:初期段階の虫歯

歯の表面のエナメル質が少し溶け始め、白く濁っていたり、歯の溝の部分が茶色に変色したりします。

治療法

この段階ならば、念入りなブラッシングやフッ素塗布で、治ることがあります。

C1:さらにエナメル質がとけた段階

C1:さらにエナメル質がとけた段階

エナメル質が溶けて、小さな黒い穴が開いています。まだ痛みがないので、病院に行くことをためらわれることが多い状態ですが、この段階であれば、最低限の削る治療で済みます。

治療法

虫歯の部分を削り、レジンと呼ばれる合成樹脂を詰めます。

C2:虫歯が象牙質にまで達する段階

C2:虫歯が象牙質にまでいたった段階

虫歯がエナメル質の内側になる象牙質にまで浸食している状態です。象牙質は柔らかく、虫歯の進行が速くなるため、早急な治療が必要です。

治療法

虫歯の部分を削り、インレー(詰め物)を詰めます。

C3:神経まで達する虫歯

C3:神経まで達する虫歯

歯の神経にまで広がった虫歯です。神経に炎症が起こり、ズキズキと強い痛みを感じます。

治療法

神経をとり、根管治療(神経が入っていた管の内部を消毒後、薬剤を詰める)を行い、クラウン(被せ物)で補います。

C4:歯根まで進行した段階

C4:歯根まで進行した段階

歯冠がなくなるまで進行し、歯の根の部分を残した状態です。

治療法

C3と同様の治療を行い、被せ物、やむを得ない場合には残っている歯根を抜歯します。抜歯した箇所の治癒後、ブリッジ・部分いれ場・インプラントなどの治療を行い補います。

できるだけ歯を残すための虫歯治療

口腔内の状態を良好に保つことで、「削る」治療を避けて、できるだけ自分の歯を守ること、欠損させないことが大切です。
たしかに、当院が得意とするインプラントは、虫歯になってしまい、歯を失ってしまった際に高い効果を発揮する治療法です。
ですが、当院ではまずは患者様自身の歯を守ることを最優先に考えて治療します。
具体的には、歯の表面をペーストで磨くことでプラークをつきにくくする方法や、シーラント(奥歯の嚙み合わせの部分にプラスチックを埋め込み、虫歯を予防する方法)など、患者様に適した治療法で予防します。

不幸にも、虫歯になってしまった場合にも、ほぼ無痛で麻酔をかける技術や歯の神経をなるべく保存すること優先することで、できるだけ負担の少ない治療を行っています。