ホワイトニングとは|杉並区荻窪でインプラントができる歯医者をお探しなら、高田歯科クリニックへご相談ください

ホワイトニングとは

歯のホワイトニングとは、加齢や遺伝により、黄ばんでいる歯を漂白剤で脱色していく方法です。
ここ数年、人々の「白い歯願望」はますます高まるばかりです。
歯の白さと口元の美は、目や鼻と同じように、その人の個性を表す大きな要素です。

歯の色が変色している原因には次のようなことが挙げられます。

表面の汚れが歯を変色させている外因性によるものと、エナメル質・象牙質の変化による内因性によるものがあります。
外因性によるものは、クリーニングで汚れを落として白くしていきます。内因性によるものは、歯のホワイトニングや人口の歯などで白くしていきます。

歯が変色する原因は!?

外因性

・日頃の磨き残し
・喫煙や嗜好飲料の取りすぎ
(喫煙やコーヒー、紅茶、コーラ、ウーロン茶などの常飲により、ステインがついている状態)

内因性

・歯の形成過程で問題が生じた場合
歯ができていく過程で影響を受けた場合は、歯列全体にわたってエナメル質・象牙質の質・量が変化し、内部構造に色素が沈着されて変色を起こします。
・歯科治療、外傷などが原因となっている場合
歯に詰めていたり、被せていたりしている金属の成分が溶け出したもの、歯の根の治療で神経が抜かれ、血液やリンパ液の補給ができなくなったもの、転んだ時の打撲が原因となっているものなどがあります。
・加齢にともなう変色
歳をとるにつれ、徐々に歯の色素が濃くなるもので、象牙質の厚みが増し、黄褐色が強くなります。
・遺伝による黄ばみ
髪の毛や皮膚の色が遺伝するように、歯の色も遺伝します。

ホワイトニングのメリット

メリット

・歯を削除せずに施術できる。
・色調、明度を簡単に改善できる。
・詰め物の不適合などによる2次的な虫歯にならない。
・比較的短時間で可能。
・簡単に反復施術できる。
・差し歯などと比べて経済的。
・歯周病や口臭の予防になる。
・歯を清潔に保つ意識が強くなる。

デメリット

・1度で白くなるわけではなく、継続性が必要。
・色が数か月で後戻りしてくる場合もある。
・人口の歯には効果が無い。

ホワイトニングの難しいケース

次のケースに該当する方は、ホワイトニングが難しいとされています。ホワイトニングを行う前に、歯科医師に相談されることをお勧めします。

・歯が外傷を受け、変色している
・抗生物質の影響で歯が縞模様やグレー・茶色に変色している。
・歯の成長過程で、エナメル質が十分に成長しきれなかった場合。
・歯の成長過程で、象牙質が十分に成長しきれなかった場合。
・人工の歯(差し歯、詰め物の歯、被せものの歯)。

ホワイトニングの種類

オフィスホワイトニング

歯科医院でおこなうホワイトニングです。その場で白さを実感できます。
ホームホワイトニングと併用することで相乗効果により、ホワイトニングの効果が高まります。
もちろんはを削るようなことは、一切ございません。

Step1

歯の表面をお掃除します。

Step2

歯の表面にホワイトニング効果のあるお薬を塗ります。

Step3

効果を促進する特殊な光を当てます。

Step4

お薬を水で洗い流します。

Step5

2~4を繰り返します。

Step6

効果を長持ちさせるために、歯の表面を滑らかにします。

ホームホワイトニング

歯本来の色が、黄色っぽい場合などに歯の色をご家庭で白くする方法です。
患者さん個人個人専用のマウスピースを用い、ご自宅で歯を白くすることができます。

Step1

お口の中を見せていただきます。

Step2

歯型をとります。

Step3

専用のマウスピースとホワイトニングジェルをお渡しし、使い方をお教えします。

Step4

一週間続けていただいた後、経過をチェックします。

Step5

状態によって効果が遅いようであれば継続していただきます。

Step6

経過をチェックします。後のケア方法などをお教えします。