インプラント書籍執筆の院長が丁寧にご相談にのります

院長 高田 徹

お電話でお問合わせ

03-3393-4182

無料相談WEB予約

インプラント治療で後悔しないためには?注意点や口コミの真相を解説!

インプラント

インプラント治療で何らかのトラブルに見舞われた結果、治療したことを後悔してしまった人もいます。失った歯の機能を回復するための大事な治療で「やらなきゃよかった」と思ってしまうのは非常に残念なことです。しかし、実際にそのような声があるのも事実。

本記事では、インプラント治療を受けて後悔しないように、施術を受ける前に知っておきたいインプラント治療の知識を解説していきます。

1.なぜインプラント治療を受けるのか

インプラント治療を受ける理由は大きく分けて以下の3つです。

  • 虫歯・歯周病で歯を失ったから
  • 入れ歯・ブリッジから変更したいから
  • 虫歯・歯周病以外の原因で失ったから

インプラントは失った歯の機能を回復させる代替治療のひとつになります。何らかの原因で歯を失った人が希望することがほとんどです。どんなバックグラウンドを持つ患者様が治療を受けるのかを知っておきましょう。

1-1.虫歯・歯周病で歯を失ったから

インプラント治療を受ける上でもっとも多い理由です。虫歯といっても一般的な治療で治る虫歯ではなく、歯の中の神経が完全に死んでしまい抜歯を余儀なくされた場合の虫歯のことをここでは指しています。相当重症な虫歯ですが、実際に歯科医院まで足を運ぶのが億劫で、痛み止めで対処していた結果、抜歯せざるを得なくなってしまったケースもあるのです。

また歯周病で歯を失ってしまった患者様もインプラント治療を希望されます。日常的に定期検診などが受けられていれば早期発見できる可能性もあります。しかし、歯科医院に足を運ぶ機会が少ない人は、なかなか歯周病に気がつくことができないとも言われています。

以上の理由で、歯を失った患者様がインプラント治療を希望されるケースがあるのです。

1-2.入れ歯・ブリッジから変更したいから

今でこそ一般的になってきたインプラントですが、ひと昔前までは入れ歯やブリッジが主流でした。入れ歯もブリッジも決して悪いものではないのですが、患者様ご自身の歯ではないため、色々と不都合を感じる方も一定数いるようです。

入れ歯やブリッジと違い、インプラントは顎の骨に器具を埋め込むため、自分の歯とほぼ同じように物を噛んだり話したりすることができるようになります。定期的なメンテナンスは必須ですが、入れ歯やブリッジでうまく物が噛めなくなったそれを回復することができるのです。

インプラント治療には年齢制限がないため、何歳でも治療を受けることができます。当院でも過去に、85歳以上の方がインプラント治療を希望され、治療を行った実績があります。

1-3.虫歯・歯周病以外の原因で失ったから

インプラントを希望される患者様の中には、上記の2つ以外の理由を持っている方もいらっしゃいます。具体的には先天的に歯の数が少なかったり、交通事故などが原因で歯を失ってしまったケースです。患者様の母数としては決して多くはありませんが、一定数いらっしゃることも間違いありません。

先天的な理由・後天的な理由どちらにも共通しているのが、インプラントを埋め込めるだけの顎の骨が残っているかどうかです。インプラントの場合、残っている歯の数よりも、歯を支える顎の骨の量が重要です。もし万が一顎の骨の量が少なくても、骨造成法などで回復をすることができます。時間はかかりますが、インプラントを安全に使用していただくためには大切な治療です。まずは歯科医院に相談してみましょう。

2.インプラント治療で後悔したといわれる理由

失った歯の機能を回復するための治療であるインプラントで、なぜ後悔する患者様が一定数いらっしゃるのでしょうか。大きく分けて2つの理由が考えられます。

  • 手術後にトラブルに見舞われた
  • 格安インプラントでとんでもない治療をされた

インプラントは高度な外科手術が必要な治療です。しかし、さまざまな理由でこれらのトラブルに見舞われる方が残念ながらいらっしゃるのも事実。その理由を詳しく解説していきます。

2-1.手術後にトラブルに見舞われた

インプラント治療後、数日~1週間は治療した場所から出血があったり、腫れや違和感が出ることもあります。多くの場合すぐに収まるのですが、一部の患者様の中には痛みや腫れが収まらず、再治療になるケースもあります。中には入れてすぐなのに抜け落ちてしまったケースも存在するのです。

インプラントは外科手術を伴うので、高度な医療知識が必要です。また、患部に細菌が入り込まないように手術室の環境づくりも必要になります。これらのいずれかが疎かになっていた場合、痛みや腫れ、脱落の原因になるのです。

そういったことがないように、インプラントの研修を受けている歯科医師のもとで治療を受けることが、安全にインプラントと付き合っていくための第一歩です。

2-1-1.実際に死亡したケースも

痛ましいことに、インプラント治療中に患者様が亡くなってしまったケースも存在します。原因は手術前に行うCT検査で、歯科医師が動脈の位置をしっかりと確認しておらず、外科手術の時に動脈を傷つけてしまい出血多量で亡くなってしまったケースです。決して事例は多くないものの、このような医療事故があったことは、週刊誌でも取り上げられ話題になりました。

死亡にまで至らなくても、前述の通り痛みや腫れがいつまでたっても引かない、治療を受けて間もないのに脱落してしまったなど、さまざまなトラブルも報告されています。繰り返しにはなりますが、これらのトラブルは決して件数が多いわけではありません。しかし、インプラント治療が入れ歯やブリッジのように手軽にできる治療でないので、こういった悪い面がクローズアップされてしまうことも珍しくないのです。

2-2.格安インプラントでとんでもない治療をされた

「1本数万円」という破格の値段でインプラント治療を行っているケースも存在します。俗に格安インプラントと言われるこれは、値段こそ魅力的ですが、さまざまな危険性をはらんでいることを覚えておきましょう。

治療費が安いということは次のいずれかの理由が考えられます。

  • インプラントそのものの費用が安い
  • 施術する歯科医師の経験値が浅い
  • しっかりと事前の検査を行わない
  • 術後のアフターケアがない

「安かろう悪かろう」の原理ではありませんが、格安と名がつくだけあってどこかしらで手が抜かれていたり、安いなりの理由が隠れています。しっかりとした歯科医院であれば、格安といっても10万円を切ることはまずありません。あまりにも費用が安いインプラント治療を受けると、思ってもみないトラブルに巻き込まれる可能性があります。費用ばかりに目が行き過ぎないように注意しましょう。

2-2-1.インプラント治療の相場は30~40万円

一般的なインプラント治療の相場は、1本あたり30~40万円と言われています。採用しているインプラントメーカーや手術室の環境などによって多少の差はありますが、全国的に見ても、大体この辺りの値段に落ち着くことがほとんどです。格安インプラントとは比較にならないほど高額な治療費ですが、裏を返せばそれだけ高度な医療技術・医療機器を使う手術だということになります。

そもそも、インプラントは人体に不具合が出にくい金属や素材を採用しています。また、長期的に使えるように、耐久性や使い心地が日夜研究をされている最新の医療機器です。研究開発に費用がかかるのは、ある意味当然と言えるでしょう。

その他インプラント特有の施術を行うための研修や学会、設備投資などで費用がかかることもあります。これらの費用を総合して、30~40万円という費用相場になっているのです。

2-2-2.保険適用される場合は安くなる

高額な治療になるインプラントですが、例外として安くなる場合もあります。原則、自由診療となり全額自費になるインプラント治療ですが、次のいずれかの場合保険診療になり、全額負担から2割ないし3割の負担に変更されます。

  • 先天的な理由で顎の骨が少ない、もしくはその顎の骨を造成中である
  • 後天的な理由で顎の骨を欠損した、もしくはその顎の骨を造成中である

いずれの場合もそれを証明する主治医の診断書が必要ですが、本人の意思とは関係なく、また日頃のケアを怠ったから欠損をしたなどの理由ではない場合は、保険適用でインプラント手術を受けることができます。

ただし、インプラント治療を受ける病院の規模などには制限がかかります。詳しくはこちらの記事でも解説しているので、確認をしてみてください。

3.インプラント治療で後悔しないためのポイント

インプラント治療で後悔をしないためには、以下の5つを基準に、歯科医院および歯科医師を選びましょう。

  • 信頼できるメーカーのインプラントを使用している
  • インプラント治療の実績がある歯科医を選ぶ
  • インフォームドコンセントを徹底している
  • 手術前のカウンセリングや検査がしっかりしている
  • 術後のアフターフォローがしっかりしている

3-1.信頼できるメーカーのインプラントを使用している

第一の条件として、採用しているインプラントメーカーは信頼できるかが判断基準になります。インプラントのメーカー数は世界で100以上と言われており、日本で認可を受けたものだけでも30種類あると言われています。特に歯科医院で採用されている割合が多いインプラントメーカーは次のとおりです。

  • ノーベルバイオケア
  • ストローマン
  • アストラテック
  • 京セラ
  • GCインプラント

いずれのインプラントも非常に信頼性が高く、安全性がある程度保証されています。また顎の骨との親和性も良く、手術後にアレルギー反応や不具合が起きにくいとされているのです。

前述した格安インプラントでは、認可を受けていないインプラントを使用しているケースも珍しくありません。長い付き合いになるので、信頼のおけるメーカーのインプラントを採用している歯科医院で治療を受けるようにしましょう。

3-2.インプラント治療の実績がある歯科医を選ぶ

インプラント治療は高度な外科手術を伴うため、実績が多い歯科医師ほど安心して治療を受けることができるでしょう。さまざまな患者様を見てきているため、幅広い治療が提案できる可能性があります。

一口に患者様と言っても、顎の骨の具合や健康状態、希望される本数などはひとくくりでは説明ができません。ただ単に歯の治療だけではないのがインプラント治療なので、さまざまなケースに対応したことがある実績がある程度必要になってきます。またインプラントの知識だけではなく、歯周病などのインプラントに関係する病気、顎の骨に関わる口腔外科の知識など求められる知識が幅広いのが特徴です。実績があり、インプラント以外の治療でも熱心に行っている歯科医院を選びましょう。

3-3.インフォームドコンセントを徹底している

インフォームドコンセントとは患者様と歯科医師が、治療の内容に全面合意しながら治療を進めていくことです。残念ながら中には、患者様の希望を聞かず医師の判断だけで治療を進めていく歯科医師も存在しています。確かに患者様は治療内容に関しては素人かもしれません。しかし、実際に治療を受けるのは歯科医師ではなく患者様なので、患者様が納得いく形で治療を進める義務があると、当院では考えています。

治療に入る前の事前の相談で納得がいかないこと、分からないことはすべて歯科医師に相談するようにしましょう。もし話し合いを重ねても双方が合意できない場合、セカンドオピニオンで別の歯科医師に相談する方法もありです。大切な歯を治療してもらう歯科医院なだけに、慎重に検討するようにしましょう。

3-4.手術前のカウンセリングや検査がしっかりしている

インフォームドコンセントと共通する部分もありますが、手術前のカウンセリングや検査がしっかりしている歯科医院を選ぶことも、後悔しないインプラント治療を受けるための大事な要素です。特に事前検査に関しては、CTによる顎の骨の状態のチェックはもちろんのこと、持病を抱えている場合は、それに即した治療の方法が提案されているかをきちんと確認しましょう。特定の薬を飲んでいたり、インプラント治療が難しい病気を抱えている場合は、歯科医師以外との相談も必要です。これらの提案をきちんとしてくれる歯科医師のもとで治療を受けるようにしましょう。

特に事前検査は、患者様の命に関わる可能性もあります。設備が整っているか、検査の過程はどうなっているかを事前に調べてから問い合わせをしましょう。

3-5.術後のアフターフォローがしっかりしている

インプラントは治療そのものも大切ですが、手術後のアフターケアがインプラントと長く付き合うことができるかどうかを左右します。俗にメンテナンスと言われる、このアフターフォローが徹底されているかどうかも、インプラント治療を受ける歯科医院選びの大切な要素です。

インプラントは歯の代替機能を担いますが、人工物であることは間違いありません。普段のブラッシングなどで手入れをすることもある程度はできますが、限界もあります。インプラント治療を受けると、年に2回の定期検診を受けるよう勧められます。このメンテナンスの提案がない歯科医院は、あまり信用できないと考えていいでしょう。手術からメンテナンスまで一貫してお世話になれる歯科医院を選ぶことがベストです。

4.高田歯科クリニックなら後悔させません

高田歯科クリニックではインプラントに関わる多くのご相談に対応しています。院長の高田は、インプラント専門で大学時代から勉強してきた実績と、開業までに多くの治療に携わってきた非常に安心できる歯科医師のひとりです。世界的に信頼度の高いストローマンインプラントを採用し、患者様ひとりひとりに合った治療法を提案しています。

現在でもポルトガルのドクターマローとの交流があるほど、インプラントの勉強に熱心な歯科医師でもあります。年間800件もの治療を行っていることからも、安心してインプラント治療を任せられる歯科医師です。無料の相談から受け付けていますので、インプラント治療が初めての方、LINE で断られた方などは是非一度お問い合わせ下さい。

5.インプラント治療で後悔したくなければ歯科医選びが大事

インプラント治療で残念ながら後悔してしまった方は、歯科医院の選び方を間違ってしまった可能性もあります。非常に大事な部位の治療なので、安易に治療を進めるような事はありません。患者様の状態や希望に沿って提案をしてくれる歯科医師が、本当に信頼できる存在と考えていいでしょう。インプラント治療で後悔しないために、まずは歯科医師の選び方から身につけておきましょう。

カテゴリー:インプラント&歯科ブログ   投稿日:2021年10月27日